完全個室で無重力!?華麗なる進化を遂げた快眠できる夜行バス

夜行バスは寝ている間に着くので便利ですよね。

そんな夜行バスが、ここ数年でスゴイ進化を遂げていることをご存じでしょうか。

今回は、夜行バスのメリットとデメリットをおさらいしてから、

話題の夜行バスについてみていきましょう。

 

夜行バス3つのメリット

554cc43dc10f98814288ac5fdc7ffc6f_s

  • とくに安い(新幹線片道の値段で往復できることも!)
  • 目的地まで連れて行ってくれる(電車と違い乗り換えがない)
  • 好きなことができる(ゲームをしたり、寝たりしながら到着までリラックスして過ごせる)

夜行バスのデメリットとは

b06a428a33440f1d5eb03290941c637c_s

  • 新幹線に比べるとかなり時間がかかること
  • 渋滞に巻き込まれると、到着予定の時間を過ぎてしまう
  • プライベート空間がないので他の人が気になってちゃんと寝られない

 

 

進化を遂げた夜行バス

001l

出典:http://news.mynavi.jp

実は、ここ数年で夜行バスは華麗なる進化を遂げています。

思わず「お~これはスゴイ!!」と言ってしまう人は多いでしょう。

では、そんな話題の夜行バスを2つご紹介します!

 

DREAM SLEEPER SUPERIOR CLASS

まず1つ目は以前より人気のあった夜行バス「ドリームスリーパー」が更なる進化を遂げ、2017年1月より運行がスタート!!

その名は「DREAM SLEEPER SUPERIOR CLASS」です。

快眠バス「DREAM SLEEPER SUPERIOR CLASS」は、

ご乗車くださるお客様に心地よい眠りと上質なリラクゼーションをお届けすることを

メインコンセプトとした、新発想の高速乗合バスです。

引用:http://dreamsleeper.jp

 

なんと、こちらのバスは全11室が完全個室

しかも電動で座席の角度などを自由に設定することができる「ゼログラビティシート」や、

「ムアツクッション」を使用してあり、徹底した快眠へのこだわり感じることができます。

浮遊感を感じて深い眠りにつくことができるという「ゼログラビティ姿勢」。

ぜひ体験してみたいですね!!

背もたれ角度を40度、座席角度を30度、フットレストを

水平にポジショニングした無重力状態を体感出来る姿勢です。

引用:http://dreamsleeper.jp

さらに、トイレやパウダールームも快適なのはもちろんのこと、

全室に「イオン発生機プラズマクラスター」まで置いてあり、

まさに“至れり尽くせり”。

他にも、

  • 無料Wi-Fi
  • 各座席にAC100VコンセントとUSB 充電コンセントを装備
  • 快眠&リラックスしていただくためのBGMを用意
  • 調光機能付き照明
  • 各座席にノートパソコンを置けるサイズのテーブルを設置
  • 床は全面カーペット。靴を脱ぎ、スリッパに履きかえ乗車
などなど、魅力的な施設やサービスがいっぱい!!

 

マイ・フローラ (2列個室タイプ・トイレ付き)

2つ目は、「マイ・フローラ」。

こちらは、通常なら50席を配置できるところに12席のみをゆったりと配置してあり、

土足禁止のリラックス空間で過ごせる魅力的な夜行バスです。

前後の席がきちんとパーテーションで仕切られているうえに、

座席の横についたカーテンを閉めることで完全個室となります。

seat-myflora2

出典:http://www.kousokubus.jp

ph11

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp

各席にはテレビもあり、ゆったりした広めの座席シートには腰用クッションも!

何と、この座席シートは寝返りがうてる程の広さです。

トイレやパウダールームが綺麗なのはもちろんのこと、女性には嬉しい着替えスペースもあります。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

少し料金は高めですが、もはやこのバスを利用するために旅行をしようという人まで出てきている人気ぶり!

ゆったりとしたパウダールームできちんとメイクを落とし、

ゆったりとした座席で他人を気にすることなく寝ることができるなんて、魅力的ですね。

ぜひチェックしてみて下さいね♪