10Apr
2018

2018/04/10 2018/04/17 永瀬なみコラム

『しおり』って紙じゃないの!?進化版『しおり』オススメはこの4つ

今は本が売れない時代だと言いますが、もちろん今でも本を読む機会が多いという人もいますよね。

そして、本を読む人に欠かせないのは『しおり』ですが、実はその『しおり』が驚くべき進化を遂げていることをご存じですか?

今回は、プレゼントにもピッタリな『しおり(ブックマーカー)』をご紹介します。




しおりと言えばコレ


みなさんがイメージする『しおり』と言えば、本屋さんで本を買ったときにオマケでつけてくれるような“紙でできたもの”ではないでしょうか。

定規くらいの大きさで、上の方に開いている穴に紐がくくられているような『しおり』をイメージする人が多いと思います。

たまにオシャレなタイプを見ることはありますが、さほど驚くこともなく「まぁ、これが『しおり』だよね」という感じだと思います。

でも、私が“進化した『しおり』”を見つけたときの感動はそんなもんじゃありませんでした!

「え!これが『しおり』!?へぇ~~~今こんな風になってるんだぁ~~~!!!」

と、本を読む予定などなくても欲しくなってしまうほど感動したのを覚えています。

では、そんな進化した『しおり』の中で、私がとくにオススメしたいデザインのものをいくつかご紹介しましょう。

 

ブックマーカー


まずオススメしたいのは、『ブックマーカー』と呼ばれるタイプ。

こちらは、なぜか『しおり』という名前ではなかなかヒットしないので、探すときは『ブックマーカー』で検索してみてくださいね。


出典:https://www.creema.jp


出典:https://minne.com


出典:https://www.creema.jp

こちらの『ブックマーカー』と呼ばれるしおりは、読みかけのページに挟む+本に引っかけるタイプです。

引っかけて本を閉じると、本の背表紙で揺れるところがまた可愛い♡

とくに女性にはたまらないデザインが多いので、ちょっとしたお祝いなどにも最適なのではないでしょうか♪

 

チャームブックマーカー


また『ブックマーカー』という名前が出ましたね。

こちらは、『チャームブックマーカー』や『チャームブックマーク』と呼ばれるしおりで、先ほどご紹介した『ブックマーカー』とはまた違います。

どちらかと言うと少し小さめの本に合うように作られているので、文庫本やコミック、手帳にピッタリなサイズです。


出典:http://buyee.jp


出典:http://item.rakuten.co.jp

こちらのしおりは、背表紙の隙間に差し込んで使います。

みなさんは、最初からしおり(紐)がついている本を見たことはありませんか?

この『チャームブックマーカー』を使うと、最初からしおり(紐)がついている本のように紐を挟んでおくことができます。


出典:http://item.rakuten.co.jp

チャームがとっても可愛い『チャームブックマーカー』ですが、紐の長さよりも大きいサイズの本に使うとそのチャームの厚みでちょっと隙間ができてしまいます。

本がピッタリ閉じなくなってしまうのはちょっと気になるので、使う本のサイズには気をつけてくださいね。



金属のしおり


こちらの正式名称は分からないのですが、『金属 しおり』などのキーワードで検索すると出てくるタイプのしおりです。

その名の通り、金属製のしおりに紐がついているタイプ。

デザインはもちろんのこと、金属の種類も1つだけではないので似た模様でもまたガラリと雰囲気が変わります。


出典:https://www.amazon.co.jp


出典:https://www.amazon.co.jp


出典:http://www.toyo-ppm.com

薄~い金属に細かい装飾が施されているこの“金属タイプ”のしおりは、これまでに使っていた“紙のタイプ”と同じように挟んで使います。

いろんな色やいろんな模様のものがあるので、何枚も欲しくなっちゃう人も多いのでは?

ただ、本当に薄いので材質によっては折れることもあるかもしれませんし、錆びてしまう可能性もあるのでご注意ください。

 

マグネットしおり


『マグネットしおり』は“マグネット”で作られているしおりで、『マグネットブックマーカー』とも呼ばれるようです。

『マグネットマーカー』と呼ばれるタイプもあり、こちらはどちらかと言うと『しおり』ではなく『インデックス』というジャンルに分類されます。

でも、『マグネットマーカー』も充分『しおり』として使えますのでどちらを選んでも大丈夫です。


出典:http://www.kiitos-sp.com


出典:http://item.rakuten.co.jp


出典:http://item.rakuten.co.jp

『マグネットしおり』はどちらかと言うとキャラクターなどの“可愛い系”が多いので、学生やキャラクターグッズが好きな人へのプレゼントにオススメです♪

もちろん大人向けのシンプルなタイプもありますが、ちょっと探すのが大変かもしれません。笑

また、『マグネットしおり』はマグネットで挟むので「ズレない」「本を開いても落ちない」というメリットがあります。

本から少しはみ出させた状態で挟むと“読みかけのページ”を開きやすいですよ。

『マグネットマーカー』の場合は、普通に挟めば上に少しはみ出した状態になります。


出典:http://item.rakuten.co.jp

 

おわりに

いかがでしたか?

普段は本を読まない人でも、こんなに可愛くて使いやすくなった『しおり』をもらったらきっと本が欲しくなります♪

手帳に使うのもオススメなので、ぜひチェックしてみてくださいね!