30Mar
2018

2018/03/30 2018/03/30 永瀬なみコラム

【手相】あなたに主婦は合わないかもよ!この線を見れば適職が分かる

人相や手相には、その人のそれまでの人生が深く関わっていると言われています。

そのため、定期的にチェックすると「前までの手相と変わってる!」ということも。

今回は、そんな手相の中から『仕事に関わる手相』 について調べてみました。




右利きと左利き


実は、右利きの人は、

    • 左手が生まれつきの手相
    • 右手が本人の行動によって変わる手相

と言われています。

左利きの人は逆です。

手相を見るときは、その意味を踏まえて両方の手を見ると良い でしょう。

例えば、生まれつきの手相に『不倫線』がある人は、『不倫線』がない人より異性に惑わされる機会が多いと考えられます。

それを知っているだけで用心することができますので、ぜひ両方の手相をチェックしてくださいね。

 

知能線で見る適職や性格


知能線は頭脳線とも呼ばれる線で、人差し指と親指の間から手のひらを横切る線 です。


出典:http://www.excite.co.jp/

実は、この知能線の曲がり方などによって向いている職業が分かります。

現実主義 or 理想主義

知能線が上(小指の下)に向かって伸びている人は、現実的で論理的。

    • 金融業
    • 技術職
    • 会計士

などの数字に携わる職業に向いているようです。

反対に、下(手首の上)に向かって伸びている人は感情的なタイプ。

    • 音楽系
    • 美術系

などのクリエイティブな職業に向いています。

また、ファッション系や営業職でも発想力や企画力を生かせる でしょう。

もし知能線の先っぽが小さく2つに分かれていたら、文章を書くお仕事 がオススメ。

ちなみに私の右手の知能線は、先が2つに分かれていました!ウェーイ♪笑

ミスが多いタイプ

知能線が

    • くさり状になっている人
    • 切れ切れになっている人

注意力散漫で気が変わりやすい人 だと言われています。

いくら仕事がデキる人でも、ミスが多いと信用を失いますので注意してください。

即決派 or 長考派

知能線が短い人は、何事に対しても割とスパッと決められる方です。

逆に長い人は、じっくりゆっくり答えを出します。

どちらかと言うと短い人の方がプラス思考気味ですが、どちらにも長所と短所はあるでしょう。

頭の回転が遅いタイプ

残念ながら、知能線が波をうったような形になっている人 は頭の回転が遅くて、要領の悪い人。

脳の働きを活発化するゲームなどで鍛えた方が良いかもしれません。

運をつかんで離さない人

普通は感情線の下に知能線があるのですが、稀に感情線と知能線が重なっている手相 の人がいます。

この線は

    • 『ますかけ線』
    • 『百握り』

と呼ばれ、運をつかんだら離さない相です。

芸能人で言えば明石家さんまさん、ウンナンのナンちゃん、ダウンタウンのはまちゃん、イチロー選手や手塚治虫先生、福山雅治さんがもっています。

もっと昔の有名人だと、徳川家康や織田信長、豊臣秀吉がこの手相のもち主でした。

ワンマンな経営者に多いと言われる手相で、強情でワガママな人が多い反面、努力家であることも多いようです。

この手相の人は、人の上に立つような仕事 が向いています。

社交的で主婦には向かないタイプ

生命線とは、知能線の下に手首の方へ延びる線のこと。

実は、知能線の始まりが生命線とくっついていない女性 は主婦には向いていないようです。

生命線との距離が長ければ長いほどこの特性が強く、家でじっとしているのが苦手なタイプ。

また、女性だけではなく男性も、人の意見をあまり聞かない人や思ったことをすぐ実行に移すタイプが多い ようです。

そして、社交的なので黙々と作業をするような仕事よりも人との交流がある仕事 が向いています。

(知能線と生命線が離れている人は20%ほどで、70%ほどの人はくっついているそうです。)



カリスマ線=人望が厚い


親指の付け根と手首の間から出ている線 を『カリスマ線』(別名:陰徳紋)と呼びます。


出典:http://fusoka.com/

この手相をもつ人は尽くすことが好き で、ボランティア活動にも意義を見出すことができる人です。

また、そんな性格から周りからの人望も厚く、リーダーへと押し上げてもらえる可能性もあります。

そんな人だからこそ、カリスマ的な存在になれるのでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

他にもご紹介したい手相はたくさんあるのですが、それはまたの機会に♪

もし、左手にあって右手にない線があったら日頃の行いを見直した方が良い場合もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!