06Jun
2018

2018/06/06 2018/06/06 ランキング

話題のホホバオイルおすすめランキング3選

美容目的でオイルを使用している人も多いかと思いますが、スケンケアからヘアーケア、マッサージなど幅広く使える 万能オイルがあることを知っていますか?

今回は万能オイルとして近年注目を集めているホホバオイルについて紹介します。

ホホバオイルの使い方や選び方の注意点を解説しながら、おすすめのホホバオイルをランキング形式で紹介していきます。




ホホバオイルとは?

ホホバオイルの主成分は「ワックスエステル」と呼ばれる成分です。

ワックスエステルとは、皮脂に含まれる成分の1つで、肌の表面を乾燥しないように守ったり、髪の潤いを保つ役割をしています。

ワックスエステルは、健康な肌や美しい髪を保つのに重要な存在なわけですが、実はワックスエステルを多量に含んでいる植物は地球上でホホバオイルしかありません。

主成分のワックスエステルがもともと肌に含まれている成分なので、ホホバオイルは他のオイルに比べて浸透力に優れています。

浸透力に優れているホホバオイルは、塗った後も肌がベタつかないのも人気の理由です。

また、ホホバオイルは腐敗や酸化にも強く、半永久的に品質が変わらないと言われているので、安全性の高さも注目されています。  
 

ホホバオイルのおすすめ人気ランキング3選

1位:NATURAL ORCHESTRA オーガニックホホバオイル


出典元:http://www.naturalorchestra.com

ブランド

NATURAL ORCHESTRA

商品名

オーガニックホホバオイル

価格

税抜き4,352円

内容量

55ml

ホホバオイルの中でも特に人気があるのがNATURAL ORCHESTRAのオーガニックホホバオイル。

世界のオーガニック認定機関の中でも最高権威の1つであるフランスの認証機関ECOCERTに加えて、ヨーロッパ統合オーガニック認定機関のCOSMOSの2つの認証審査に合格している完全オーガニックの最高品質のホホバオイルです。

こちらの商品は低温圧搾法とよばれる方法で丁寧にオイルを抽出しているので、ホホバに含まれるビタミンやミネラルといった美容成分が豊富に含まれているのが特徴です。

購入先はこちら

 
 

2位:C19 オーガニックホホバオイル


出典元:http://www.c19.co.jp

ブランド

C19

商品名

オーガニックホホバオイル

価格

税抜き2,752円

内容量

30ml

ホホバオイルの人気が高まる中で、近年注目を集めているのがオーストラリア産のホホバオイルです。

オーストラリア産のホホバは他の生産地に比べてクリーンな環境で育てられるため、栄養素が豊富で匂いも少なく、よりサラッとしたオイルに仕上がります

そんなオーストラリア産のホホバオイルの中でも特におすすめしたいのがC19のオーガニックホホバオイルです。

オーストラリア政府公認のオーガニック認定機関ACOと日本オーガニックコスメティック協会JOCOの2つの機関から認証されている高品質なオーガニックホホバオイルです。

他の未精製のホホバオイルに比べてホホバ独特の香りが抑えられていて、肌への馴染みが良いのが特徴 です。

購入先はこちら

 
 

3位:無印良品 ホホバオイル


出典元:https://www.muji.net

ブランド

無印良品

商品名

ホホバオイル

価格

税込み890円

内容量

50ml

ホホバオイルに初めて挑戦するという人におすすめしたいのが無印良品のホホバオイルです。

1位と2位では未精製のゴールデンホホバオイルを紹介しましたが、無印良品のホホバオイルは精製済みオイルです。

未精製のホホバオイルは高価な商品が多い中、無印良品のホホバオイルはお手頃な価格 で手に入るので、スキンケアから全身のマッサージまで思う存分にホホバオイルを使うことができます。

無臭で刺激も少ない ので、未精製のホホバオイルが肌に合わなかったという人にもおすすめです。

購入先はこちら

 


 

ホホバオイルの使い方

ホホバオイルはその性質上、様々な使い方が可能です。

ここからはホホバオイルの有効な使い方について説明していきます。

スキンケアとして使う

スキンケアで最も大事なことが保湿です。

ホホバオイルは保湿効果に優れているので、スキンケアにピッタリのオイルです。

化粧水を塗った後にホホバオイルを数滴肌になじませてあげるだけで、乾燥や肌荒れから守ってくれます。

ホホバオイルは乳液や美容クリームに数滴混ぜて使うのも効果的です。

クレンジングとして使う

実は、ホホバオイルはクレンジングとして使っても効果的です。

メイクに使った化粧や必要以上に分泌されて酸化してしまった皮脂など、毛穴の汚れをしっかり浮かび上がらせて落としてくれます。

クレンジとしてホホバオイルを使う場合は、多めにオイルを手に取り、通常のクレンジングオイルと同じように優しく肌に馴染ませていきます。

ヘアーケアとして使う

ツヤとコシのある髪を手に入れるためには、頭皮の環境を整えることがとても重要です。

シャンプーの前にホホバオイルをつかって頭皮をマッサージしてあげれば、毛穴の汚れを浮かび上がらせてくれるので、頭皮を清潔に保つことができます。

また、ドライアーで髪を乾かす前に少量のホホバオイルを髪に馴染ませてあげると、サラサラの仕上がりになるので洗い流さないトリートメントとしても使えます。  
 

ホホバオイルの選び方


ホホバオイルは、未精製のオイル精製済みのオイルの2種類に分けられます。

それぞれに異なる特徴があるので、自分に合ったタイプのホホバオイル を選ぶ必要があります。

未精製のオイルは、ホホバに含まれるビタミンやミネラルといった栄養素を残した状態の天然オイルです。

主成分であるワックスエステルに加えて、美容に効果的な栄養素が含まれていることが最大の特徴です。

スキンケアやヘアーケアとして使うのであれば、美容成分が一緒に含まれている未精製タイプのホホバオイルがおすすめです。

精製していないので、ホホバ独特の香りが残っており、黄金色のオイルのため「ゴールデンホホバオイル」と呼ばれることもあります。

精製済みのオイルは、主成分のワックスエステル以外の不純物を取り除いたオイルのことです。

そのため、ホホバ独特の香りや黄金色はなくなり、無色無臭 であることが特徴です。

精製済みのオイルを選ぶことのメリットは、不純物を除去することで肌への刺激を軽減してくれる ことです。

未精製のオイルだと、人によっては肌に合わずに逆効果になってしまうことがあります。

敏感肌という人やホホバ独特の香りが苦手という人は精製済みのホホバオイルから試してみると良いでしょう。
 
 

まとめ

おすすめのホホバオイルをランキング形式で紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ホホバオイルは様々なシーンで活躍してくれる万能の美容オイルです。

今回の記事を読んでホホバオイルに興味を持ったという人は、ぜひホホバオイルにチャレンジしてみてください。