13Mar
2018

2018/03/13 2018/05/09 きれいなコラム

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?簡単にできる解消法も紹介!

恋する乙女はきれいになると言いますが、大好きな彼氏に嫌われたくない気持ちから、メイクもファッションも本気そのものだから。

けれど彼氏ができてお泊りデートもするような関係になると、体の隅々まで見られてしまいます。

お風呂に入ったときに自分の体をまじまじ見つめて、デリケートゾーンの黒ずみが気になり、

「彼氏に遊んでいるなんて思われたくない」

「大好きな彼に黒ずみでドン引きされたくない」

と不安な気持ちになることもあることでしょう。

そのようなときには、心配な気持ちをもやもや抱え込むのではなく、デリケートゾーンの黒ずみを解消するワンアクションをとること が大事です。

まずは原因をきちんと押さえて、自分の体に自信が持てるように解消法を試していきましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?

気になるデリケートゾーンの黒ずみ。

ところであなたは黒ずみの原因がなんであるかをご存知でしょうか。

男性経験が多いと、黒ずんでくるという都市伝説があるので、恋愛経験と比例すると思っている人もいるかもしれません。

けれども実際には、男性経験よりも他に原因があります。

しかも原因は1つではなく、実は複数の原因が組み合わさって起こっています。

ここでは7つの原因についてお伝えします。

摩擦


デリケートゾーンの黒ずみの原因の1つ目が「摩擦」です。

デリケートゾーンの摩擦との言葉を前にして、男性経験と比例するのではないかと思うかもしれません。

確かに男性経験が多ければデリケートゾーンの摩擦数も増える可能性もあります。

けれどもそれほどの強い刺激でなかったとしても、私たちは常日頃からデリケートゾーンの摩擦が発生しているのです。

詳しい説明をする前に、黒ずみが起こるメカニズムから説明します。

基本的には紫外線で肌を刺激すると、肌を保護するためにメラニンが発生します。

メラニンは黒ずむことで、肌がそれ以上傷つくのを防いでくれます。

デリケートゾーンは陰部のため直接紫外線が当たることはありません。

けれども、メラニンは紫外線以外にも、摩擦によって発生してしまいます。

そのためデリケートで摩擦が乗じると、その分黒ずんでしまうというわけです。

デリケートで摩擦が起きる主な原因は男性経験ではなく、ぴっちりの下着を履いていることが原因です。

オシャレでかわいい下着をつけたいあまり、ぴっちりサイズで肌に食い込んでしまうと、摩擦が起こりやすく黒ずんでしまう原因になります。

下着だけでなく、化学繊維のナプキンを使っている場合にも黒ずみは起こりやすいです。

化学繊維のナプキンを使うと、ナプキンかぶれを起こし、結果的に黒ずみになることもあります。注意しなくてはかぶれや摩擦は起こりやすいと言えます。

女性ホルモンの乱れ

デリケートゾーンの黒ずみの原因の2つ目は「女性ホルモンの乱れ」です。

ストレスが溜まっていたり、不規則な生活習慣を送っていたりすると、女性ホルモンが乱れることがあります。

十分に注意を払っていたとしても、女性であれば生理周期や妊娠・出産、更年期等に女性ホルモンが大きく乱れてしまいます。

その結果、肌の再生が本来のリズムで起こらずに、ターンオーバーが遅れ、黒ずみになりやすくなります。

女性である以上は黒ずみが起こりやすいと言えます。

加齢とターンオーバーの乱れ


デリケートゾーンの黒ずみの原因の3つ目は「加齢とターンオーバーの乱れ」です。

人間は年を重ねるにしたがって、体力が落ちるだけでなく、肌の再生も鈍くなります。

肌細胞の入れ替わりであるターンオーバーも本来のリズムで行われなくなり、結果的に黒ずみが残ってしまいます。

若いうちであれば黒ずんだとしても代謝が高く、ターンオーバーが正常に行われるため黒ずみが解消しやすいものです。

けれども年齢とともに代謝が落ち、ターンオーバーの周期も遅くなって、黒ずみが残るのです。

若い頃は多少無理をしても肌の新陳代謝が高く、すぐにターンオーバーで戻ります。

たとえばニキビや青あざができたとき、若い頃はすぐに治りませんでしたか。

けれども今ニキビや青あざができたとしたら、同じ日数で治るでしょうか。

おそらく難しいでしょう。

ターンオーバーに関しても同じ理由で、加齢とともにペースが遅くなるのは自然なことなのです。

特にデリケートゾーンであれば、下着が食い込んだり、ナプキンでかぶれたりしやすく、ターンオーバーが遅くなる環境がそろっています。

年齢とともに目立ちやすくなるのは、やむを得ない節もあると言えるでしょう。

食生活の乱れ

デリケートゾーンの黒ずみの原因の4つ目は「食生活の乱れ」です。

忙しい毎日にかまけて、つい食事をおろそかにしていませんか。

作る時間がなくって、カップラーメンで済ませてしまったり、カロリーメイトのみにしてしまったりすると、ターンオーバーに必要な栄養素が補給できず、黒ずみが残りやすくなります。

特に女性であれば、かわいくなりたい気持ちや痩せたい気持ちが強く必要以上にダイエットをしがちです。

もちろん、ぽっちゃり体形の方が痩せる分には構いませんが、標準体形で食事制限のダイエットをすると、栄養バランスが偏って不健康になります。

不健康になるだけでなく、必要な栄養素は不足することで保湿できずにガサガサ肌になってかぶれやすくなり、黒ずみやすくなることもあります。

また、酵素を働かせる栄養素が不足すると、抗酸化作用が低下してターンオーバーも遅れることに繋がります。

食事もまたデリケートゾーンの黒ずみに大きく関係があると知りましょう。

ストレス

デリケートゾーンの黒ずみの原因5つ目は「ストレス」です。

ストレス社会と言われる今、ストレスを抱えていない人の方が少ないくらいでしょう。

職場の上司からの心無い一言、お局さんからの嫌がらせ、先輩からのシカト、三角関係の悩みなど。

対人関係の悩みだけでも多岐にわたります。

それに加えて、過剰な業務量の抱え込みや休日出勤、重役を前にしたプレゼンテーションや重要な取引先とのアポイントなども心身の疲労を招き、ストレスになります。

ストレスが溜まると、内分泌系に影響を与えます。

内分泌系は女性ホルモンの働きをつかさどる場所で、女性にとって重要な場所でもあります。

ストレスが過剰になると、内分泌系に影響を与え、女性ホルモンが崩れてしまいます。

ストレスで生理不順を引き起こしたり、生理周期が乱れた経験はありませんか。

それらはストレスが内分泌系に影響を与えた証拠です。

女性ホルモンのバランスが崩れると、ターンオーバーの妨げにもなり、黒ずみが残りやすくなるため注意が必要です。

乾燥している

デリケートゾーンの黒ずみの原因6つ目は「乾燥」です。

デリケートゾーンをじっくり見て見ればわかりますが、他の肌の部位よりも明らかに皮膚が薄い箇所 になります。

そのため保水性が弱く、肌の潤いをキープさせることが難しい部位でもあります。

肌の潤いを保つことができないと、じきに乾き出してガサガサの乾燥肌になります。

乾燥肌になると、下着やナプキンと擦れたときに、過剰反応をしてしまいます。

結果的に感想をしていると、黒ずみが起こりやすくなるので、注意が必要です。

他のお肌同様に、皮膚の一部のため、保湿することが欠かせないのです。

睡眠不足

デリケートゾーンの黒ずみの原因7つ目は「睡眠不足」です。

あなたは毎日ぐっすり眠っていますか。

デリケートゾーンも皮膚の一部です。

肌や皮膚の再生、ターンオーバーは眠っている間に行われます。

つまり、眠ていないないと、ちゃんと肌がターンオーバーをしてくれないのです。

忙しい毎日を送っているかもしれませんが、なるべく早めに切り上げて布団に入り、眠る時間を確保することが大事です。

さらに眠っている間にストレス緩和ホルモン というものが出ます。

これは起きている間にたまったストレスを眠っている間に軽減してくれたり、ストレスによって乱れたホルモンバランスを調整してくれたり などの、多様な働きをしてくれます。

忙しいときに真っ先に削りがちな睡眠ですが、生きる上でとても大事な要素です。

黒ずみを残したままにしたくないのなら、夜はきっちり寝るようにして睡眠確保しましょう。

 

自宅で簡単にできる解消法と特徴

デリケートゾーンの黒ずみ原因がわかったら、次に気になるのが解消法です。

乙女心としては今すぐにでも治る即効性のある解消法を知って対処したいところでしょう。

けれども、パッと目についた情報を試し、大失敗したら大変なことになります。

解消どころか悪化したときには、ぞっと血の気が引いてしまうかもしれません。

トラブル回避のためにも、まずは慌てずに、基本情報を押さえることが欠かせません。

ここでは自宅で簡単にできる解消法と特徴をご紹介します。

正しいデリケートゾーンの洗い方のマスター

突然ですが、デリケートゾーンの正しい洗い方をご存知ですか。

デリケートゾーンのケアについては、学校でも習わないので知らない方も少なくありません。

洗わない人もいる一方で、他の体の部位同様にごしごし洗う人や汚れないように念入りに洗う方もいると聞きます。

実はどの洗い方も不正解です。

洗わないままだと雑菌が溜まってしまい、黒ずみが悪化してしまいます。

その一方で、他の部位同様にごしごし洗ってしまうと、摩擦に弱いので乾燥を招き、黒ずみが濃くなる可能性があります。

ましてや他の部位よりも念入りに洗うなんて、言語道断!今すぐにやめましょう。

正しいデリケートゾーンの洗い方をマスターすることで、デリケートゾーンの黒ずみの解消に繋がります。

洗い方のポイントは5つです。

デリケートゾーン専用せっけんを使う

通常のせっけんは刺激があり、乾燥を招く危険性があります。
けれどもデリケートゾーン専用のせっけんを使えば、低刺激で清潔な状態に保てます。

泡立てネットを使用する

泡立てネットを使うことで泡が通常よりもきめ細かくなります。
もともとデリケートな部位に充てるのですから、泡もきめ細かく、より刺激の少ない状態にすることが大事です。
泡立てネットは100円均一などでも手に入るので、面倒くさがらずに使いましょう。

弱酸性のものを使う

デリケートゾーン専用せっけんであれば、弱酸性だと思いますが、念のために確認した方がよいでしょう。
肌は弱酸性でできています。
弱酸性にアルカリ性を当てると、弱アルカリ性に変わってしまい、肌の乾燥の原因になります。
通常のせっけんの生成のしかたでは弱アルカリ性や中性のものが一般的です。
だからこそ購入時にはきちんと成分にまで注意をして購入することが大事です。

指で洗う

デリケートゾーンは刺激に弱いため、デリケートゾーン専用せっけんで泡立てた泡でそっとデリケートゾーンにあてて、洗い流すくらいでかまいません。
ごしごしすると悪化するので注意をしましょう。
洗う際には専用のせっけんで、泡立てた泡でそっと触れるくらいで良いと知りましょう。

保湿をきちんとする

お風呂上りに顔全体に化粧水や美容液、乳液などを当てるように、デリケートゾーンにも保湿をするようにしましょう。
先ほどお伝えしました通り、デリケートゾーンは保水性があまりなく、乾燥しやすくなっています。
だからこそお風呂上りにきちんと水分を吸収させてあげることで黒ずみ対策になります。
今日から黒ずみ対策として、正しい洗い方と保湿方法を実践してみましょう。

ストレスケアをきちんとする

ストレスはターンオーバーの妨げになります。

ため込まずに適度に発散する習慣をつけることが大事です。

その前に、ストレスをきちんと自覚していますか。

ストレスは知らず知らずのうちに溜まっていきます。

それは対人関係や状況の変化、トラブル対応や残業などもストレスになるからです。

普通に仕事をしている方なら当然職場内のストレスが発生します。

主婦の方であってもご主人との関係や舅・姑との関係、子どもとの関係など複数の方との関係が沸き起こり、イライラしたり、もやもやすることがあることでしょう。

ため込まずに低輝度に吐き出しましょう。

ストレスケアとして最も簡単な方法が発散させることです。

あなたが大好きな時間をとりましょう。

運動が好きな人は走る時間や試合をする時間を作り、思い切り汗を流し満喫するのです。

読書が好きな人なら、静かで自分一人になれる時間を確保して思い切り自分の世界に没頭します。

人とのおしゃべりが好きなら、話していて楽しい友達との時間を増やし、歓談の時間を設けます。

人間誰もが好きなことをしているときにイライラしたり、シューンと落ち込んだりはしません。

ワクワクと胸が弾んだり、おのずと笑みがこぼれたり、楽しめます。

ストレスが溜まっているのなら、好きなことをする時間を設けて、ストレスを外に押し出しましょう。

それによってリフレッシュすることができます。

ストレス発散をすれば、楽しみつつ黒ずみケアができ、一石二鳥です。

栄養バランスのよい食生活

デリケートゾーンの黒ずみケアをしたいなら、栄養バランスの良い食生活を心がけることが大事です。

ターンオーバーを促す食材をとったり、皮膚細胞を活性化する食材をとったりすることで、黒ずみケアに繋がってきます。

ダイエット中の栄養素は偏りがちですが、一部の栄養だけを取っていては偏りが生まれてうまく機能しません。

タンパク質や脂質、炭水化物やビタミン、ミネラルや食物繊維など体に良い栄養素 を様々な食材からバランスよくとるように気をつけましょう。

特にデリケートゾーンの黒ずみが気になる方にお勧めの栄養素5つと食べ物を取り上げるので、チェックして日々の生活に取り入れてみましょう。

ビタミンA

ビタミンAは肌荒れや老化防止に効果的な栄養素です。
アンチエイジング効果が期待できる抗酸化作用もあるので、肌のターンオーバーを正常に戻すのに一役買ってくれます。
主な食べ物は「うなぎ」「レバー」「卵」「チーズ」「牛乳」です。

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚細胞の働きを活性化してくれる栄養素です。
ターンオーバーの正常化に一役買います。
主な食べ物は「レバー」「うなぎ」「ウズラの卵」「納豆」です。

ビタミンB6

ビタミンB6はビタミンB2と同じように、皮膚細胞の活性化をしてくれます。
ターンオーバーを促す働きです。
主な食べ物は「マグロ」「カツオ」「レバー」「にんにく」「酒粕」です。

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれる成分です。
黒ずみそのものが起こりにくくなるので、予防になります。
また、女性にありがたい抗酸化作用もあるので、アンチエイジング効果が期待できます。
加えて美白効果があるので、黒ずみにも期待ができる栄養素です。
主な食べ物は「グレープフルーツ」「オレンジ」「レモン」「パプリカ」「ブロッコリー」です。

鉄分

鉄分は血液を作るだけでなく、酵素を生成してくれます。
酵素が十分に働いてくれると、肌の抗酸化作用が期待でき、老化防止になります。
アンチエイジング効果が期待でき、ターンオーバーにも一役買います。
主な食べ物は「レバー」「ほうれん草」「あさり」「卵黄」「パセリ」です。

ぜひ栄養バランスよく摂取して、黒ずみ対策を打ちましょう。

適度な運動

あなたは日ごろから運動をしていますか。

1日に歩く目安量は、1万歩と言われていますが、クリアしている人は少ないことでしょう。

しかし、運動をしている方が自律神経系も正常化されて、肌のターンオーバーにもプラスの働きを示してくれます。

可能な限り運動をしましょう。

おすすめは有酸素運動です。

有酸素運動の方が心身への負担が少なく、長続きしやすい特徴があります。

程よい疲労感があることで、安眠を促すこともあり、一石二鳥でしょう。

たとえば、水泳やジョギング、ウォーキングやヨガなどが有酸素運動に当てはまります。

もちろん、いきなり大きな目標を立てて実行する必要はありません。

無理なく続けることが重要なので、負荷のかからない目標で始めましょう。

たとえば休みの日に1時間早く起きて、近所をウォーキングしたり、仕事帰りに市民プールで100m泳いだりなどでもかまいません。

小さな目標から始めることで三日坊主にもなりにくく、きれいなボディラインも手に入るかもしれません。

できるところからやってみましょう。

ぐっすり睡眠をとる

あなたは毎日ぐっすりと熟睡していますか。

寝る前までスマホをいじってばかりいると、布団に入ってもなかなか寝付けずに、睡眠の質が悪くなります。

肌のターンオーバーは眠っている間におこるため、ぐっすり寝ることは大事です。

ぐっすり寝るためには、寝る前に液晶はオフにしましょう。

液晶はスマートフォン、タブレット、携帯電話、テレビなどです。

液晶類はブルーライトを発し、脳を活性化します。

活性化した脳はぐっすり眠るどころか、シャキッと動くモードに入ってしまい、眠りに入りにくくなります。

寝る2時間前には液晶類はオフにして、寝る環境づくりを整えましょう。

環境を整えることで、ぐっすりと眠りやすくなります。

睡眠に関して注意してほしいのがゴールデンタイムに寝ることです。

お肌のゴールデンタイムはご存知でしょうか。

お肌のゴールデンタイムは、ターンオーバーを促しやすい時間帯であるとともに、ストレス緩和ホルモンが分泌される時間帯 でもあります。

その時間帯に寝ることで、日ごろ溜まったストレスが和らぐとともに、肌のターンオーバーが促せて黒ずみにも効果が期待できます。

その時間は22時から2時の時間です。

その4時間たっぷりねることが一番効果的 ですが、働いているとその時間に寝るのは難しい場合もあることでしょう。

その場合には1時間でも多く寝ることだけを意識しましょう。

きっちり4時間分取れなくても、ゼロ時間よりは1時間の方がマシです。

1時間よりは2時間取れた方がより効果できます。

減点法で見るのではなく、加点式で見ることでいくらでも改善できることに気づきませんか。

ぐっすり眠れば朝の目覚めもさわやかで、すっきり起きられます。

それだけでも、きっとストレス緩和には役立つはずです。

保湿をきちんとする

きちんとお風呂上りに保湿をしていますか。

何度も書いている通り、デリケートゾーンは保水性がないので、乾燥しやすい特徴があります。

乾燥を防ぐためには、きちんと保湿ケアをすることが欠かせません。

それこそが黒ずみ解消に効果的です。

保湿するためには、保湿性の高いクリームやジェルを使いましょう。

美白クリームや美白美容液、美白ジェルなどさまざまな種類が出ています。

迷ったときにはデリケートゾーン専用クリームやデリケートゾーン専用ジェルなどを選ぶようにしましょう。

デリケートゾーン専用のせっけんがあるように、クリームやジェルモ専用のものがそろっています。

専用のものは保湿性が高かったり、敏感肌でも使えるような低刺激であったり、美白効果の成分が入っていたりします。

購入時にはしっかり見て使いましょう。

そのまま放置すると乾燥してしまうことを頭に置き、ケアする習慣をつけましょう。

体を温める

体が冷えていると女性ホルモンの分泌が減ります。

内分泌系に影響を与えてしまうためです。

その状態が続けば、ホルモンバランスの乱れからターンオーバーが正常に働かずに、黒ずみが残りやすくなります。

特に女性だと冷え性の方も多く、早急な改善が必要です。

薄着をせずに、温かい恰好をして過ごすようにしましょう。

オシャレがしたいがために真冬に薄いストッキングにパンプスでは風邪をひきだけでなく、ホルモンバランスの乱れにもつながるのです。

無理をせずに冬場はブーツを履いたり、分厚いタイツを使ったりなどの工夫をしましょう。

冬場であればタートルネックやマフラーなど首元をまもる服装の方が温かみは増します。

「3つの首をまもれ」という古い言葉がありますが、その理由は手首や足首、首の3カ所が体温調整に大きな役割を果たすために言われてきた言葉です。

寒がりの方は足元、手先、首元を温めるファッションを取り入れるようにしてみてください。

真冬の際には寒さゆえに誰もが冷えやすい環境です。

寒さを我慢せずに、部屋の中ではヒーターやエアコンで温かい環境にしましょう。

暖房器具がない場合には、湯たんぽやブランケットを使うだけでも熱がこもりやすくなり、温まりやすくなります。

外にいる場合では、カイロを使ったり、温かい飲み物を飲んだりしましょう。

温かな鍋をつついたり、ホッとティーを飲んだりするだけでも心身が温かくなります。

逆に冷たい食べ物や飲み物をがぶがぶ飲み食いすると、冷やす原因になるので注意が必要です。

夏野菜であるトマトやキュウリ、暑い地域で取れるニガウリ(ゴーヤ)やコーヒーは体を冷やすことで知られています。

冷え性の方は取りすぎに注意した方がよいでしょう。

お風呂に入る際には、シャワーだけでパパっと済ませてしまうと体の深部は温まりません。

夏場であっても浴槽につかるようにしましょう。

湯船につかることで、心身の緊張も緩み、全身がじんわり温まってきます。

冷え性改善にもつながるので、お風呂に入る際には湯船につかる習慣をつけましょう。

正しい下着選びをする

あなたはデリケートゾーンの黒ずみに下着が関わってくるのを知っていますか。

黒ずみの原因に摩擦があるのをお伝えしましたが、それと関係があります。

オシャレな下着の大半が肌にぴっちり食い込むかのようにフォットします。

肌にフィットするということは、デリケートゾーンにもフィットしている可能性が高いです。

その下着の繊維が化学繊維の場合、擦れてしまって黒ずみ悪化になることもあります。

だからこそ下着も体に優しい繊維のものを選ぶことが大事です。

おすすめは綿もしくは絹の素材 です。

綿も絹も通気性がよく、肌へのダメージがほとんどありません。

刺激性の少ない繊維のため、デリケートな部分に使うにはうってつけです。

絹の下着は値段が張るものも多いので、普段使いのものは綿にして、彼と過ごす夜には絹の下着をつけるなどの使い分けをするとよいかもしれません。

お酒とたばこを控える

普段からお酒やたばこは嗜む方でしょうか。

タバコが体に悪いのは明らかです。

肺がんをもたらすリスクがあり、副流煙から周囲の人への有毒性があります。

さらにたばこには女性ホルモンの分泌量を減らす働きがあるため、日ごろから吸っていると女性ホルモンが少なくなります。

ホルモン分泌が少ないとデリケートゾーンの黒ずみも残りやすいので注意が必要です。

お酒についても、飲みすぎると睡眠の質を低下させます。

熟睡がしづらくなり、結果的に肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると、黒ずみが残ってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、お酒もたばこも控えるようにしましょう。

可能ならば禁煙、禁酒が好ましいです。

タバコについては、やめたいのにやめられない禁断症状が出がちです。

その場合には、医療機関で禁煙専門外来があります。

脳に直接作用させ、タバコを吸いたくない気持ちになる成分があるため、禁煙効果が高い治療法です。

保険治療になるのでやめたい方は禁煙専門外来に通うことをおすすめします。

お酒についてはまずは自宅での摂取をなくす ところからスタートするのをおすすめします。

お友達に誘われた際や職場での宴会だけであれば月に数回程度で済むことでしょう。

頻繁でなければダメージはそこまで大きくはありません。

タバコは禁煙を、アルコールは量を減らし、飲む頻度を減らすようにしていきましょう。

 

市販品での解消法と特徴

自宅ケアを試してみたものの、効果がいまいち実感できなかったり、効果が鈍かったりするかもしれません。

自宅で簡単に試せる洗い方の改善や下着選びの変更はデリケートゾーンの黒ずみに即効性があるわけではないので、人によってはじれったいと感じることでしょう。

その場合には、市販品を試してみることがおすすめです。

ここではデリケートゾーンの黒ずみに多い「せっけん」「美白クリーム・美白美容液」「ジェル」の3種類についてご紹介します。

せっけん

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方には、デリケートゾーン専用せっけんというものがあります。

女性だと月に1回生理周期の関係でかゆみが生じたり、デリケートゾーンからイヤなにおいが出て、悩む方も少なくありません。

その原因はデリケートゾーンに悪い菌が繁殖してしまっているからです。

通常のせっけんならば、デリケートゾーンに特化しているわけではないので、悪い菌を除去する効果がなく、そのままになってしまいます。

けれども、デリケートゾーン専用せっけんなら、悪い菌を退治して、大事な部分を清潔に保つことができます。

結果として、かゆみが軽減して、黒ずみが悪化するのを防いでくれたりします。

@cosume shoppingなどでも市販品も多いので、気軽に試すことができます。

わざわざ専門店で購入をしたり、ネットで調べないと手に入らないわけではないので、入手しやすくて便利ですね。

けれども@cosumeで売られている商品を見てみると、黒ずみにフォーカスではなく匂いにフォーカスが当たっています。

正直なところ、市販品でデリケートゾーンの黒ずみが解消されるのかは定かではありません。

見比べて購入が必要といえます。

使い方としては、通常のせっけん同様にお風呂に入る際にデリケートゾーンのみをデリケートゾーン専用せっけんを使うくらいです。

泡立てネットで泡立て、きめ細かい泡を作ります。

できた泡でふんわりとデリケートゾーンにあてていく使い方です。

美白クリーム・美白美容液

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方が、よく利用している手段が美容クリームです。

主な効果としては、保湿クリーム性の高さ です。

せっけんの場合は悪い菌を殺して清潔に保ち、健全なターンオーバーを促したり、黒ずみの原因の1つである乾燥によるかゆみを減らしていく作用があります。

美白クリームや美白美容液の場合には、黒ずみの原因であるメラニンそのものを減らす作用 があったり、刺激のほとんどない成分でできていたりします。

ドラックストアや薬局で出回っているものと、そうでないものとがあります。

保湿性だけを保つ美容クリームや美容液ならば薬局やドラックストアでも扱いがありますが、効果性が高いものの場合には、ネットショップなどの専門店でのみの扱いが基本です。

デリケートゾーン専用以外の美白クリームや美白美容液であれば、ドラックストアでの扱いもありますが、その場合には肌荒れのリスクがあります。

その理由は通常の部位と比べて、デリケートゾーンの皮膚が薄く、刺激が強すぎてしまうことが多々あるからです。

気軽に手に入るからと手に取ってしまうと、かえって逆効果になることもあるので、気をつけましょう。

使い方としてはデリケートゾーンに直接指で塗り込んでいくことが一般的です。

特に使い方の難しさはありません。

ジェル

最後に紹介するのが美白用ジェルです。

美容品としてのジェルタイプも、浸透性や保湿性が高く、乾燥しやすいデリケートな部分に潤いを与えてくれます。

結果的に黒ずみができにくくなったり、ターンオーバーを正常にしてくれたりする効果が期待できます。

基本的に美白用クリームと使い方が同じです。

美白ケア商品であって、美白効果をもたらすビタミンCが入っていたり、黒ずみ解消の美白成分を含んだものが入っていたりします。

市販のドラックストアや薬局で扱っているもののほとんどが全身用のジェルです。

デリケートゾーン専用のジェルの取り扱いをしているケースはほとんどありません。

似ているから大丈夫と思うかもしれませんが、部位によって適切な濃度が異なります。

それなのに保湿効果があるから大丈夫だろうと思って使ってしまっては、濃度が高すぎてかえってデリケートゾーンを刺激してしまい、黒ずみを悪化させる危険性があります。

きちんと専用のものを使うようにしましょう。

使い方はデリケートゾーンに美白ジェルを直接塗っていきます。

美白クリームや美白美容液と使い方はほぼ同じです。

美白クリーム同様にさらりとした触感でスーッと肌になじむことが多いのが特徴です。

 

市販品クリームの特徴と効果


ドラックストアや薬局で売っているものは、デリケートゾーン専用のものが少なく、逆効果の可能性もあるとお伝えしました。

けれども、専用のネットショップのものを買うのも勇気がいるし、まずは知っている街中で買えるプチプラの美白クリームで試してみたいという方もいることでしょう。

そこで、誰もが簡単に手に取れるドラックストアや薬局で取り扱いのあるクリーム3つを紹介します。

ニベア

ドラックストアで良く売っている美容クリームの一つです。

ときどきデザインが変わるので、キュートな容器に購入する方も多いことでしょう。

価格も56g138円程度とリーズナブルです。

プチプラなクリームといえるでしょう。

全身に広く使えるクリームになっています。

主成分はミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、スクワラン、ホホバ油などです。

成分を見ると、グリセリンやキャリアオイルとのもととなるスクワランやホホバ油が含まれていることから、保湿性のある製品だと言えます。

しっとりと保湿して、乾燥から守ってくれます。

けれども、気になるのはミネラルオイルが入っている点です。

ミネラルオイルは廃油と言われ、石油系の成分です。

石油系の成分は肌呼吸ができなくなる危険性があります。

あまり肌に良いとは言えません。

さらにニベアは保湿用の美容クリームであって、デリケートゾーンの美白クリームではありません。

実際に塗ってみた方の口コミも確認しましたが、黒ずみ改善の報告は1件も確認できませんでした。

黒ずみには効果がないと考えた方がよいでしょう。

ワセリン

ドラックストアや薬局でも気軽に購入ができる薬用クリームです。

肌荒れや手がガサガサでひび割れするようなとき、あかぎれを起こしたときに使う方の多いクリーム。

なんでも使える万能クリームでもあります。

価格も368gで661円とプチプラなクリームです。

主な成分はワセリンです。

ワセリンの効能は保湿や肌ケア、美白成分となっています。

これだけ見ると、黒ずみにも効果ありそうに思えてきます。

しかし、ワセリンは石油系の成分でできています。

廃油の一種で、[under class="blue"]肌を保護する役割を持っていますが、肌呼吸ができず肌に良いものではありません。

しかし使ってみた人の口コミや評判を見ると「かゆい」「むず痒い感じがする」などの意見が多数!べたつく感覚もあるそうで、使い勝手はあまりよいとは言えないでしょう。

さらに使っていても黒ずみが薄くなったとの意見はないので、デリケートゾーンの使用はおすすめできません。

オバジHQ

オバジHQはドラックストアで購入可能なプチプラ美容クリームです。

ドラックストアにしては珍しく黒ずみ解消に効果的な美白クリームになります。

成分もハイドロキノンが含まれています。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれる成分で、黒ずみを解消するほどの漂白効果があります。

その理由は黒ずみの原因であるメラニンが発生するのを減らし、すでにあるメラニンの色を元に戻す効果がある からです。

しかしハイドロキノンも万能ではありません。

漂白剤と言われるくらい効果が強力で、使用上の注意点も3つあります。

それらをきちんと守らないと効果が期待できるどころか、黒ずみ悪化の危険性自体があるからです。

 パッチテストをすること 1つ目の注意点はパッチテストをすることです。

ドラックストアの製品でパッチテストを推奨 する珍しい商品です。

しかしそれほど効果が強力で、合わないのに使用するのが危険ということです。

きちんとパッチテストをしてから使用をスタートしましょう。

 使用が夜1回のみ

2つ目の注意点は「使用が夜1回のみ」という点です。

効果が強いために何度も塗ってはかえって荒れたり、ヒリヒリしたりするなどの逆効果が考えられます。

ちゃんと回数をまもりましょう。

夜1回のみとなっているのは、日中にハイドロキノンを塗った部分がお日様にあたると、黒ずみの原因になるからです。

紫外線はお肌の敵といいますが、ハイドロキノンを塗ったときは黒ずみを生むとなると余計に注意が必要だと言えます。

 日中はUV対策をする

3つ目の注意点は「日中はUV対策をする」ことです。

夜塗るだけでも効果が持続する可能性から、日中にUVケアをデリケートゾーンにしなくてはなりません。

正直なところ、ここまで読んでめんどくさいと感じる方も大勢いそうです。

価格はドラックストアにしては割高な9000円となります。

それだけ効果性が強いからといえますが、使用上の注意点も多く、使い勝手はかなり悪いです。

実際に利用したかガタガタの声を集めましたが

「使っていて面倒くさかった」
「思ったよりも薄まらない」
「期待しているよりは薄まらなかった」
などのクリームに近い口コミが多数ありました。

価格や気軽さ、効果性などを総合的に見て、あまりおすすめはできません。

 

市販品デリケートゾーン用せっけんの特徴と効果


ドラックストアや薬局で売っているクリームはプチプラで買いやすいものが多いけれど、効果としてはいまいちなものが多かったですよね。

ドラックストアのクリームが良くないなら、石鹸を試してみようかと考える方もいると思います。

ドラックストアなどの市販品でもデリケートゾーン専用の石鹸は複数あります。

そこでデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的だといわれるせっけんを3つを紹介します。

ジャムウハーバルソープ

ラブコスメが発売するデリケートゾーン専用の石鹸です。

ananやViViなどの雑誌などでも多数取り上げられる注目度のある石鹸です。

効果としてはにおいや黒ずみの解消などがあります。

成分はパール油やカミツレ油、アロエエキスなどです。

価格は1個1895円とプチプラな石鹸と言えます。

実際に使ってみた方の口コミや評判として「においが気にならなくなった」「蒸れなくなった」などの声が多数ありました。

デリケートゾーン用の石鹸とのことで、さっぱり感が多く、より清潔に保つことができているのを感じます。

しかし個人ブログ等を除いてみると「私の陰部の黒ずみは薄まりませんでした」「思っていたよりも効果が感じられませんでした」などの口コミもあり、効果については個人差が多いのが感じられます。

におい自体には効果がありそうですが、黒ずみに関しては効果がわかれそうです。

せっかくのデリケートゾーンの専用の石鹸を買ったのに、黒ずみが薄まらないのなら目的は達成できず、購入する意味はないでしょう。

ジャムウクリアナノソープ

インドネシアでミルクから伝わる民間療法のジャムウを配合したデリケートゾーン専用の石鹸です。

効果としてはにおい、黒ずみ等の解消です。

成分はチョウジエキス、ウコンエキス、アロエベラ葉エキス、ユキノシタエキスなどです。

価格は1個1512円で、プチプラ石鹸と言えます。

実際に使っている方の口コミや評判を確認していると、「すべすべになった気がする」「においが気にならなくなった」などの口コミがある一方で、肝心のデリケートゾーンの黒ずみ効果がないとの意見もありました。

「私は効果が実感できなかった。

黒ずみ解消第一の人にはおすすめでないかも」との意見もありました。

本サイトを読んでくださっている方の大部分は黒ずみを解消したいから読んでいることでしょう。

それなのに解消されない可能性がある時点で、あまりおすすめはできません。

薬用ジャムウソープ

全身に使える医学部外品の石鹸で、低刺激のデリケートゾーン用のコスメです。

効果としてはにおい、黒ずみ等の解消です。

成分としてイソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウムなどが入っています。

価格は1個1728円で、プチプラ石鹸と言えます。

実際に使っている方の口コミとしては「生理中のむれが和らいだ」「アソコガさっぱりする」などの使い勝手の良さを評価するコメントがありました。

一方でデリケートゾーンの黒ずみについては効果がばらけるように「薄くなった気がする」とのコメントがある一方で「私には効果がなかった」との口コミもありました。

デリケートゾーンの黒ずみには必ずしもすべての人に効果がる石鹸は珍しいのかもしれません。

しかしせっかく直したいと思って買っているのに、今までのような黒ずんだ状態のままでは買う意味はないでしょう。

 

デリケートゾーン専用せっけんのデメリット


通常の石鹸では効果がなかったとしても、デリケートゾーン専用の石鹸ならば効果があるかもしれないと思うかもしれません。

けれども先ほど紹介したように、石鹸には3つのデメリットが存在し、それが黒ずみ解消を妨げています。

本当に解消したいと思うのなら妨げている3つのデメリットを知りましょう。

効果が出ない人も多い

デリケートゾーン専用の石鹸を使用しても、黒ずみが薄まるとは限りません。

先ほどの口コミを見ていただいた方ならわかると思いますが、効果実感できない人が複数いました。

どの美容品であってもパーフェクトではないので、当然ですが口コミを見た限りではデリケートゾーン専用せっけんは「黒ずみよりもにおい」に効果があるかもしれません。

生理中などのムレが和らいだり、さっぱりしたりなどの効果があるようですが、肝心の黒ずみはなくならない可能性があります。

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい人にとって、石鹸はあまり効果を期待しない方がよいでしょう。

時間がかかる

デリケートゾーン専用といっても、しょせんは石鹸です。

使ったとしても必ず最後には洗って流してしまいます。

つまり効果があるのは使っている時間くらいです。

成分に黒ずみ解消の成分が入っていたとしても最終的に流してしまうのなら、意味がなくなってしまうかもしれません。

洗い流すことでどれほどの成分が体内に残ってくれるのでしょうか。

もちろん、黒ずみが解消されれば問題ないのですが、利用者の口コミとしては「効果が実感できない」人も複数います。

せっかくの有効成分を使っても洗い流すことで、浸透させることができていないと考えられます。

石鹸だけで効果を出そうとするならば、一日に何度もお風呂に入って洗うなり、長い時間使って効果を実感させるなりの工夫がいるかもしれません。

効果を実感したいのなら、持続させるクリームの方がよいでしょう。

手間がかかる

デリケートゾーン専用の石鹸の場合には、通常の成分よりも保湿力が高く、ものによっては泡立ちが悪いものもあります。

パッと泡立つのならよいのですが、泡立ちが悪いならば疲れて帰ってきたときには面倒に感じたり、手間に思えたりすることでしょう。

ケアをしたいときにパッとケアできるかというと、泡立てる手間や泡立てて泡パックを待つ時間などが発生します。

冬場の寒い時期に古いお風呂場を使っている場合には、心身と冷えてくるのでストレスにもなるでしょう。

石鹸だと手間になる可能性が考えられます。

パパっとケアをしたいのならクリームの方がよいでしょう。

 

黒ずみを解消したいときにはクリームを


本気でデリケートゾーンの黒ずみを解消させたいのなら、石鹸よりもデリケートゾーン専用の美白クリームや美白美容液がおすすめ です。

石鹸の場合にはせっかく入った有効成分も、お風呂を出るころには洗い流すので、効果が持続しづらく、保たれないからです。

しかし、クリームならばキープしてくれます。

ここでは詳しく3つの理由をお伝えします。

おすすめはイビサクリーム

塗るだけで簡単

黒ずみ解消用のクリームの場合、使い方が非常にシンプルです。

容器から出して、陰部に塗るだけです。

特にそれ以外にすることはありません。

石鹸も難しくはないとの反論が聞こえそうですが、石鹸の場合にはメーカーや成分によって、泡立ちにくいものがあります。

残業して帰ってきたときにデリケートゾーン専用せっけんを使うタイミングでなかなか泡立たないようだと、イラっとしてしまうかもしれません。

けれどもクリームならば塗るだけなので、残業で疲れて帰ってきたときでも簡単にできます。

時間もかからずに非常に簡単にケアができます。

お肌に浸透してくれる

石鹸の場合にはせっかく黒ずみを薄めてくれる成分が入っていても、最終的には洗い流します。

パックタイプのものであっても、最終的には流してしまうのでお肌に吸収されるのはどの程度か定かではありません。

けれども、美白クリームや美白美容液の場合には塗った後は洗い流したり、拭き取ったりはしません。

塗った後は下着を履くので、密着した状態でキープされ、潤いが保たれます。

洗い流さないことで、塗った部分からお肌に浸透してくれます。

副作用がない

デリケートゾーン専用の美白クリームや美白美容液の場合には、低刺激となっています。

ドラックストアや薬局で売っている全身用のクリームやジェルの場合には、濃度が高く塗ることでヒリヒリしたり、刺激をもたらしたりして、黒ずみを悪化することもあります。

けれども、専用のクリームや美白美容液の場合、敏感な部分ように濃度が調整されています。

そのため刺激も弱く、副作用の心配がほとんどない商品です。

忙しい人こそ、副作用もほとんどなく気軽にケアのできるクリームがおすすめです。

 

おすすめの美白クリームと理由


美白クリームや美白美容液もたくさんの種類がありますが、せっかく使うならデリケートゾーンの黒ずみに効果が期待できるものを使いたいところでしょう。

そこで数あるデリケートゾーン専用の美白クリームの中でも、黒ずみが薄まったり、軽減したりなどの効果性が高いものを5つ取り上げてご紹介します。

イビサクリーム

イビサクリームはデリケートゾーン専用の美白クリームです。

ブラジリアンワックスサロンが開発するクリームは、メディアや雑誌でも話題沸騰中で、幅広いユーザーに愛される商品といえます。

デリケートゾーンの原因であるメラニン抑制作用のあるトラネキサム酸や炎症を抑えるグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)が配合されています。

トラネキサム酸はメラニンの原因因子にアプローチするため、早期対処ができます。

それ以外にも13種類の美容成分が配合され、黒ずみを解消する効果が期待できるクリーム といえます。

厚生労働省が傷の直りが早くなると認める成分も含まれています。

最強の美白クリームといっても過言ではないでしょう。

実際に利用している方の口コミや評判を見ていると

「1か月ちょっとで徐々に黒ずみが薄くなって、自信をもってプールに行けそうです」
「塗るごとに黒ずみが肌色に近づいてきました」
「黒すぎると言われてショックで使い始めたら、1か月で黒ずみがなくなりました」

などのお声でした。

一方で悪い評判もありました。

「2週間使ってみたけれど効果がない」
「肌はすべすべになりましたが、色は変わりません」

などの変化がない口コミもありました。

美容製品は100%すべての人に効果があるわけではありません。

使った人の中には効果が出るのが遅い方や変わらなかった方もいます。

けれども、他の4商品を見比べてみても、悪い口コミが一番少なかったのはイビサクリームでした。

ブラジリアンワックスを提供しているサロンが脱毛客一人一人に話を聞いたり、着け心地を聞いたりしながら研究して開発した商品。

だからこそ全般的に口コミもよい評判が多い結果でした。

デリケートゾーンの黒ずみケアは、女同士なら話すことはできたとしても、彼氏やご主人には内緒にしたいものです。

イビサクリームの場合には、中身がわからないように届くので、彼氏と同棲中の方や結婚している方も安心して購入ができます。

28日間のお試し期間内であれば、いつでも返金できる返金保証制度があります。

試そうか迷っている人であっても、気軽に始めることが可能です。

通常購入は税抜き7360円ですが、定期購入すれば低下の30%オフで購入ができます。

イビサクリーム公式サイト♪

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリー
乳首専用の黒ずみ軽減クリームとうたっていますが、当然デリケートゾーンにも使えます。

乳首も他の体の部位と比べると、大変デリケートで敏感な部分です。

だからこそ肌に負担のかからないクリームで、敏感肌の方も安心して使えます。

お肌の表面から体の奥まで3つのビタミンが黒ずみの原因であるメラニンに働きかけてくれます。

深く浸透するので黒ずんだ肌も解消することに繋がります。

実際に使っている方の口コミを見ると「ヒリヒリ感はない」「黒ずみがなくなったわけじゃないけどトーンアップできた」「黒ずみは薄くなった」などの評判でした。

アルコールやパラベンなどの刺激物が不使用のため刺激性がなく、安心して使えます。

デリケートな場所だけに、安全な成分でヒリヒリ感がないのは嬉しいところでしょう。

良い口コミがある一方で、悪い口コミも複数あがっていました。

「使ってみたけどほとんど色が変わらない」「小さいのに値段も高く、使ってみたけど黒ずみが薄まらなくて、ショック」などの評判がありました。

美容クリームは個人差が大きい製品とはいえ、1万円近い商品なだけに効果がないのであればがっかりしてしまいます。

特に乳首に特化したクリームのため、陰部の黒ずみケアとして買った人の声の中には、効果がないものも複数ありました。

両方の意見を比べてみると、あまり強くは勧められません。 通常価格は9980円ですが、定期購入をすると永久に4000円割引の5980円(税込) になります。

最大90日間の返金保証制度があるので、まずは試したいと思っている方も安心して使えます。

ホワイトラグジュアリープレミアムを購入♪

ハーバルラビット

ピンク
黒ずみクリームのアンケート調査では、「効果がすぐに実感できる商品1位」に輝いた実績もある美容クリームです。

デリケートゾーンの黒ずみは即効性を期待して購入する方が大部分でしょう。

利用者の調査で即効性1位になった実績もあることから期待ができます。

原材料も添加物に配慮されていて、体にいいは宇号となっています。

もちろん、美白になるようにメラニンの生成を抑制するプラセンタやビタミンCが配合されているので、黒ずみ軽減が期待できます。

利用者の口コミや評判では「2か月目に黒ずみが薄くなった」「肌の保湿効果が高い」「黒ずみも3か月でだんだん薄まった」などの声がありました。

一方で「しっとりしたけれど、黒ずみは解消できなかった」「更年期の色素沈着には効果が出なかった」「数週間で治ると思ったけれど、思ったより時間がかかった」との声もあり、個人差が見受けられます。

10代や20代の場合にはまだターンオーバーが速いので効果も早めに出るかもしれませんが、加齢とともに解消のスピードも緩やかになるかもしれません。

定価は税抜き7000円とやや高額ではありますが、定期コースを購入すると割引が受けられ、なんと4750円まで値下げしてもらえます。

定期コースは2回以上の受け取りが必須ではありますが、60日間の全額返金保証制度もあるので、安心して使えます。

ハーバルラビットを購入♪

薬用アットベリー

薬用アットベリー
脇・二の腕の黒ずみケアやニオイケアとして誕生したクリームです。

スキンケア大学で紹介される高い話題性と高いリピート率を誇る商品となっています。

プラセンタなどの5種類の美白成分に、6種類のコラーゲンなどの潤い成分が含まれているので、乾燥しがちなアソコをしっかり保湿することができます。

具体的にはプラセンタやグリチルリチン酸2K、甘草フラボノイドやトウキエキス、エイジツエキスが美白成分となっています。

その他アロエエキスや桑エキスもあるので、においにも効果が期待できそうです。

実際に利用している人の口コミとしては「3か月で薄くなった」「少しずつ色が薄くなっていった」などの口コミでした。

評判を見ていると、デリケートゾーンの陰部に使う方よりも、Vラインに使う方の方が多いようでした。

悪い口コミとしては「2週間では全く効果がなかった。

即効性はなかった」「更年期で使った見たけど、いまひとつ」とのことです。

加齢とともにターンオーバーが遅くなるのは自然なことではあります。

けれども即効性が全くなく、2~3か月、人によっては半年ほどは様子を見る必要性が感じられます。 通常価格は税抜き6800円ですが、定期購入者には2980円での購入が可能 です。

容器は女性抜けといえるかわいいパッケージで届きます。

返金保証期間は納得の180日間です。

半年間も保証期間があるのでじっくり相性を確かめられます。

薬用アットベリーを購入

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイト
美容のプロが御用達の黒ずみ専用の美白美容液です。

ジェルでも、クリームでもないさらりとした使用感となっています。

保湿性が高く、利用者の93.7%がリピートしている美白エッセンスです。

主な美白成分は、メラニン生成の抑制が望めるトラネキサム酸です。

メラニンができるのをブロックしてくれるので黒ずみにくくなります。

黒ずみを薄くする美白効果のほか、ガサガサと乾燥した肌を潤わせるヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿性の高い成分もあります。

肌環境を整えてくれるカンゾウ葉エキスもあるので、毛穴が気になる方のケアにも使えます。

実際に使っている方の口コミを見ると「使って4か月くらいで肌が明るくなり、気にならなくなった」「使っているうちに肌がワントーンアップした」「2か月半くらいで黒ずみが薄らいだ」などの評判でした。

他の商品に比べるとやや効果の時間が長めな印象です。

反対に悪い口コミとしては「効果が出るまでに遅く、3か月目でようやく美白になった」「最終的にきれいになったけれど5か月もかかった」「クリームっぽさがなく、物足りなさがあった」などです。

効果が出ないわけではないようですが、半年近くかかったり、使用感が美容液のため違和感があったりする方もいるようです。 定価は9960円ですが、割引によって半額くらいまで値下がりします。

最大で4395円での購入が可能です。

初回に関しては980円でお試しができます。

保証金が長く120日間の返金保証があります。

口コミを見ると、返金保証の長さは効果が出るまでのスピードを表しているかのようにも思えてきます。

ヴィエルホワイトを購入♪

 

美白クリームのまとめ

美白クリーム5商品を紹介しましたが、一番おすすめなのはイビサクリームです。

どの商品も個人差はあるため、効果が感じられないコメントは多少なりとも存在します。

しかし、イビサクリームは5商品の中で一番悪い口コミが少ない結果でした。

価格的にも定期購入をすれば4500円と決して高い金額ではありません。

早い方では3日間で効果実感をした人もいて、即効性が期待できます。

また、使っていてヒリヒリするとの口コミが確認できなかったことからも、安全して使えるように思います。

反対にあまりおすすめできないのはヴィエルホワイトと薬用アットベリーです。

効果実感が速い方で2か月程度と、即効性が期待できません。

もちろん、焦っていない方ならば問題はないかもしれませんが、多くの方が1日でも早く黒ずみを解消してデートを楽しみたかったり、自分の体に自信を持ちたいと思っているはずです。

そう考えたときに一番おすすめなのは即効性のあるイビサクリームという結果になりました。

イビサクリーム公式サイト♪

 

病院でできる解消法と特徴


ところで黒ずみのケアを即効性でできる場所として、病院の皮膚科が脳裏に浮かんでいませんか。

これまでドラックストアや薬局で売っているプチプラなクリームから、黒ずみ解消の専用クリームや美容液などを紹介してきました。

ここでは、最後に専門機関である病院での治療法の特徴とメリット・デメリットを紹介します。

レーザー治療

病院でデリケートゾーンの黒ずみを除去する場合には、レーザー治療があります。

レーザー治療では皮膚の奥にある色素にアプローチをして、メラニンを破壊します。

メラニンを破壊することで、今後黒ずみができにくくなります。

その上にレーザー照射をすることで、ホワイトニング効果が得られます。

基本的に脱毛サロンへ行けばデリケートゾーンのアンダーヘアは整います。

けれどもその一方で整うからこそ、目立たなかった黒ずみが気になって受ける方も少なくありません。

病院の場合には、医療保険が効くこともあり、医師からの的確な指導や診断によって、黒ずみの原因を解決し、除去することに繋がります。

レーザー治療というと痛いイメージもあるかもしれませんが、口コミを見ていると「かゆみはあるけど痛みはない」「アソコが照射であったかくなるくらい」とのことでした。

現在は医療技術が進歩しているので、気になるほど痛みは出ないと思ってよいでしょう。

レーザー治療の時間は30分程度が一般的で、事前に診断や事後に自宅ケアのアドバイスが受けられることもあります。

そのあたりは病院によって異なるため、事前に確認した方がよいでしょう。

ちなみに病院は美容外科や皮膚科が担当になります。

治療費は1回あたり12000~15000円が一般的です。

5回セットの場合には割引が聞いて50000円程度になる場合もあります。

美白クリームや美白美容液と比べると高額です。

口コミを見ていると「1回でも薄まった」「3か月くらいで効果が出てきた」とのコメントが複数ありました。

病院だからすぐに治ると思っている人もいるかもしれませんが、1回では逆戻りの可能性も否定はできません。

どの病院で黒ずみを除去する場合でも、1回受けて終わりではなく、複数回の通院が基本となっています。

デリケートゾーンの黒ずみ解消の度合いは、基本的に2~3回程度で効果を実感する方が多く、継続するごとに黒ずみが戻らない持続性が高いようです。

2週間から3か月程度の通院が一般的です。

費用としては3万~12万円程度を見ておくとよいでしょう。

気になる副作用としては「陰部のかゆみ」が主で、人によっては「出血」「痛み」「ただれ」などの副作用が生じることもあります。

病院といえども完ぺきではないと頭に置いておきましょう。

特にただれや出血が起こるリスクもあることをきちんと念頭においてから受けるべきです。

全員に出るわけではありませんが、負担が大きいことは知っておかないと後で後悔する可能性もあります。

手術治療

病院へ行ってすぐに効果を得たいのなら、手術しか方法はありません。

手術であれば黒ずんでいる陰部を切断することで、黒ずみを除去できます。

手術によって黒ずみがとることができます。

しかし3つのリスクがあります。

1つが痛みです。

当然、手術中には麻酔を使いますが、麻酔が切れた後は陰部を切除しているので、痛いと感じます。

日帰り入院が多いので、翌日から仕事の方は痛みと闘いながらの生活になる可能性もあります。

手術で治すならば痛みは覚悟しなくてはならないと言えるでしょう。

2つ目が治療費です。

健康保険が使えないため、治療費がおよそ30万円程度になります。

病院によって費用の差はありますが、大陰唇の黒ずみ除去の場合には40万を超えるケースもあり、小陰唇の黒ずみ除去よりも高額になります。

まとまった費用が必要です。

3つ目は再発リスクです。

稀に黒ずみの原因が大陰唇もしくは小陰唇の肥大であるケースがあります。

その場合には肥大した部位が下着にこすれて、黒ずみやすい環境です。

その場合には黒ずみをとっても再発する可能性があります。

せっかく治療しても再発する可能性があると考えるとしり込みしたくなるものでしょう。

治療費も高く、デリケートゾーンの黒ずみをとるために30~40万もかかります。

加えて、痛みも伴うのなら、別の方法を模索した方がよいです。

塗り薬治療

皮膚科や美容外科へ行って痛みやかゆみを避けつつ、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいのなら塗り薬があります。

定番なのが黒ずみ除去治療薬と言われる「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど、美肌効果が期待できます。

その理由は黒ずみの原因であるメラニンそのものを減らしてくれるので、元の色へと戻すことができます。

市販薬よりも効果が強力で、100倍以上といわれることもあります。

もう1つの代表的な塗り薬が「トレチノイン」です。

肌のターンオーバーを促して、ハイドロ期の員の浸透をサポートしてくれる役割を持っています。

メラニンそのものを壊したり、抑制したりなどはしませんが、本来のターンオーバーになるように促してくれます。

基本的にこれら2つはセットで出ることが多いです。

市販薬としては売られていないため、欲しい方は美容皮膚科や美容外科クリニックへ行くようにしましょう。

しかし、注意も必要です。

どちらも効果が強いために副作用があります。

ハイドロキノンは副作用として、かゆみや色抜け、赤みなどの症状が出ます。

トレチノインは赤みやかゆみ、出血などが出ます。

もちろん、すべての人に出る症状ではありませんが、出血すると肌への負担も大きいために注意が必要です。

もし皮膚科や美容外科へ行く場合には、リスクも踏まえていく必要があります。

ピーリング

手術は怖いし、費用が高いけれど、病院で治したいのならケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングとは、黒ずむ部分に専用の薬剤を塗り込んで、古くなった角質をはがれやすくする手法のことです。

顔のピーリングの医療版と考えておけばよいでしょう。

主な成分はグリコール酸やサリチル酸、乳酸などとなっています。

一般ではピーリング材破出回っていないため、受けたい場合には美容外科クリニックや美容皮膚科で受けましょう。

専門知識のあるスタッフが施術することで、デリケートゾーンの黒ずみを安全に除去できます。

ケミカルピーリングは1回3万円くらいで、5回程度の通院と治療が必要です。

そのため全部で15万円程度は予算を用意しておいた方がよいでしょう。

しかしケミカルピーリングを一度すると古い角質を強制的に取り除くことになるため、乾燥しやすくなります。

普段以上に保湿をして潤いを保つように工夫が必要です。

手間や治療費を考えると、あまり強くはおすすめできません。

可能ならもう少し手軽な方法を取り入れたいところです。

病院でできる解消法まとめ

病院でできるデリケートゾーンの黒ずみ除去方法は4つです。

レーザー治療では、痛みがほとんどなく黒ずみを除去でき、1回でも効果を実感する人もいます。

けれどもデリケートゾーンの黒ずみを解消したいなら2週間から3か月程度が一般的です。

リスクとしてはただれや出血の副作用が起こる場合があります。

手術では即効性があり、黒ずみそのものを除去できます。

麻酔が切れた後に痛みが生じ、費用も30~40万円ほどと高額です。

さらに再発する可能性も否定できません。

塗り薬ではハイドロキノンとトレチノインが代表的です。

塗るだけのため手軽さがあります。

けれどもメラニン生成を抑制したり、ターンオーバーを正常に戻したりするなど黒ずみ解消に強力な働きかけをします。

だからこそかゆみや赤み、出血などの副作用が出る恐れもあります。

ケミカルピーリングでは、古い角質を強制的に取り除くことで黒ずみを解消できます。

全部で5回ほどで解消できますが、費用として15万ほどかかります。

さらに肌が不安定な状態になるため、いつも以上に保湿をしたりするなどの手間と工夫が必要です。

それらを総合的に見ると、皮膚科や美容外科クリニックでの治療はあまりおすすめではありません。

副作用のリスクも大きく、費用も大きくなりがちです。

それよりも自宅でできる安全性の高いデリケートゾーン専用の美白クリームの方がリスク抑制できます。

 

デリケートゾーン黒ずみ解消のまとめ


いかがでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみの原因と解消法を様々な観点からご紹介しました。

デリケートゾーンの黒ずみの原因となる摩擦に注意をして、絹か綿の下着をつけたり、きつすぎない下着を身に着けたりしましょう。

黒ずみの対策としては食生活の乱れを直したり、運動をしたり、体を温めたりすることが大事です。

ストレスも貯めこまないように適度に吐き出すようにすることを意識しましょう。

黒ずみを解消したい場合には、デリケートゾーン専用の石鹸は洗い流してしまうのであまり効果が期待できません。

しっかりと肌に吸収させて浸透できるデリケートゾーン専用の美白クリームや美白美容液を使うのがおすすめ です。

ドラックストアや薬局で売っている美容液の中にはプチプラで効能が似ているものもありますが、部位によって適正な濃度が異なります。

がっつり効果を出したいのなら、デリケートゾーン専用の美容クリームが一番です。

黒ずみ解消法で病院や皮膚科を思い浮かべる方も多いものですが、病院も万能ではありません。

治療費が40万を越えたり、副作用としてただれや出血が起こったりすることもあります。

総合的に判断すると、あまり病院をおすすめすることはできません。

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいのなら、デリケートゾーン専用の美白クリームを使うことです。

美白クリームや美白美容液もたくさんの種類がありますが、一番悪い口コミが少なく、即効性のあるとの口コミが多かったのがイビサクリーム です。

厚生労働省が推奨する成分が入っているなど信頼性も高く 、費用も4000円程度と始めやすい価格帯です。

もちろん、効果は人によって個人差があるので、気になる製品を複数使ってみるのもよいでしょう。

まとめると次のようになります。

イビサクリームを購入♪

まとめ

    • 黒ずみの主な原因は摩擦
    • 黒ずみ対策は規則正しい生活&ストレス軽減
    • 黒ずみ軽減にはデリケートゾーン専用石鹸よりもクリーム
    • クリームはデリケートゾーン専用を
    • 病院治療は高額&副作用リスクあり
    • イビサクリームが一番効果的!
デリケートゾーンの黒ずみを解消することで、彼に遊んでいると思われる心配も自分の体に対する不安感もぐっと減ります。

ぜひ黒ずみの原因をしっかり理解して、デリケートゾーンをもとの色に戻しましょう。

イビサクリーム公式サイト♪